アートワークを作成しましょう

電気製品の自作ではプリント基板を作る必要があります。プリント基板は電子部品を固定するための板で、電流が流れる銅箔面を持ちます。プリント基板は電子部品を販売しているお店で購入が出来ますので、電子部品を購入する時に忘れずに買いましょう。また、プリント基板には幾つかの種類がありますが、感光式基板が便利です。銅箔面の電流の流れ道はアートワークと呼ぶもので、透明の用紙にアートワークを描きますが、CADソフトを利用すると移動などが楽に出来るので便利です。最初に、大きめの電子部品を配置した後、回路図を見ながら端子間を接続する形で作ります。アートワークが完成した後は、感光式基板の上に乗せて、露光及び現像、エッチング処理の順に行います。エッチングは余計な銅箔を溶かす作業で、エッチングが完了するとアートワークが基板の上に出来上がります。

アートワーク完成後は穴開けと部品実装

アートワークが完成したら、銅箔面にフラックスを塗布します。フラックスは錆止めにもなるので必ず塗布する事をお勧めします。部品を挿入するための穴をミニドリルで開けて、電子部品の実装工程に入ります。電子部品を実装する時には極性に注意しなければなりません。特に電解コンデンサやダイオード、トランジスタなどは極性があるので注意が必要です。すべての電子部品を半田付けし終えた後は、正しく電子部品が実装してあるのか、イモ半田はないのかなどをチェックして通電します。ちなみに、電子部品を実装してすぐに通電を行うと、ショートなどのトラブルが起こる事もあるので、通電前のチェックは必須です。

プリント基板設計によって、電子機器内で構築される回路の配線設計が決まります。一般的な構成は、部品間に銅箔で配線が張り付けられています。

電子工作豆知識!?プリント基板はこうやって製作

You May Also Like