CPUの装着はできるだけ丁寧に行おう

パソコンを自作するにあたって心がけたいこととしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、CPUの装着はできるだけ丁寧に行うようにしましょう。というのは、CPUはパソコンを構成するパーツの中ではかなり高価であり、それでいて大雑把な装着をすると壊れてしまう可能性が高いからです。たとえば、CPUの底にはたくさんのピンが存在しますが、マザーボードのCPUソケットにきちんとはめずに固定しようとすると、ピンが折れ曲がったり、あるいは取れてしまったりして、動作不良になります。

また、CPUとCPUクーラーをきちんと装着しないと、CPUの温度が下がらずにパソコンが熱暴走を起こしたり、CPU自体の寿命が短くなってしまうことがあるのです。

体内に帯電している静電気を逃がしておこう

パーツとマザーボードをつなぐコードをきちんとはめるのも大事です。パソコンのパーツはほとんどがマザーボードとつながることになりますが、すべてコードで接続されます。コードをきちんと差し込まないと、ちょっとした振動で外れてしまい、動作不良を起こすことがあるので注意しましょう。

体内に帯電している静電気を逃がした上で組み立てることも徹底しなければなりません。冬場、セーターなど静電気を起こしやすい服を着たまま、パーツの端子に直接触るのは避けましょう。静電気が原因でパーツが壊れる可能性はゼロではありません。

組み立てに必要なものを調べて、あらかじめ揃えておくのも重要です。CPUとCPUファンの間に塗るグリスは、パソコンの自作キットを買ってもついてくるとは限りません。

プリント基板実装」と言うと、電子部品の付いていない、配線だけのプリント基板に電子部品をハンダ付けする操作のことを指します。

パソコンを自作する場合に心がけておきたいこと

You May Also Like