新人が困らないように社会に出る助走としての研修

内定者をフォローするための新人研修をする会社は多いですが、目的を間違えないようにしないといけません。厳密には内定者は会社の人間ではないので、研修の内容を内定者向けにアレンジする必要があります。そこで大事になってくるのが、学生と社会人の違いについての認識の誤差を埋める作業です。社会人の常識を持っていない学生は多いですので、常識を丁寧に説明することから始めるといいかもしれません。会社についての説明は入社してからでもいいので、社会に出る心の準備をしてもらう研修にするといいでしょう。

仲間がいることで乗り越えられる壁もある

内定者フォローの研修では社会に出ても恥ずかしくない程度のことを教えるようにします。ハードルを低く設定していても、学生気分が抜けない内定者には壁になるかもしれません。そんなときに一緒に乗り越えてくれる同期という仲間は、心強い味方になります。新人研修ではその点も考慮して絆が強くなるようなグループワークなどを増やすと、会社に入った後に役に立ちます。

組織で動くことや社会人としての振る舞いになれる研修

会社に入ると個人で動くことよりもグループで動くことが多くなり、意思の決定も自分だけでできなくなることがあります。そのような組織で動くことになれることも研修で、身につけるべきスキルです。周りとの関係を上手くこなすコミュニケーション能力や折衝能力などは、この機会に磨くと社会に出てから役に立つ能力です。他にも飲み会での振る舞いなども研修に盛り込むといいでしょう。社会人になってから参加する接待などはなかなか学ぶ機会がないことですので、研修に入れておくと後々役に立ちます。

雇用主が被雇用者に提供する教育のことを社員教育と呼びます。社風の理解や社会人としての必要な知識などを学びます。

内定者フォローの新人研修!社会に出て困らない研修にする!

You May Also Like