スムーズな事業承継の重要性

いわゆるファミリー企業である場合にも、昔のように、息子などが後を継いでくれることも減少し、近頃では後継者自体がいないと頭を悩ませる経営者が随所に広がっています。事業承継にミスしてしまうと、事業続行の危機になりかねません。きちんとスケジュールを立て、それに向けて事業承継を推進していくことが会社の経営者の賢明な経営手腕といえます。

円滑に事業承継するためのポイント

一般的に考えて、事業承継につきましては、3年をオーバーする程度の期間が必須とされています。企業の将来像並びにビジョンをきちんと据えて、プロジェクトに加えて進行していくことが重要といえます。 会社の経営者としましては、債務を僅かでも減らしたいと引き継ぎのチャンスを遅らせてしまう傾向がありますが、今現在の会社の経営環境において債務を減少させるのはそう容易ではありませんし、事業承継のタイミングが遅れることを通じて、かえって企業の事業計画においてマイナスの影響が現れてくる可能性も考えられます。それに加えて、会社の経営者自体が高年齢化すればフィジカル的な危険性も高まることになります。 事業承継の事前準備をスタートする時期に関しましては、会社の経営者が60歳において、引き継ぎに取り組みたいと希望されるならば、逆に計算して、5から10年前の50から55歳の当たりで対策を行うことが賢明といえます。その反対に、後継者候補の年自体が、30歳の時期を計画しているならば、そこに向けて事前準備をスタートするのも賢明でしょう。 いずれにしても、自身の環境を考慮して対応しましょう。

事業承継において後継者が自社株式を取得するために多額の費用が必要になります。あらかじめ役員報酬を増やすなど取得の費用を捻出できるように対策する必要があります。

理解しておきたい!円滑な事業承継を行うためのポイント

You May Also Like