起業前のお金の準備について

企業に従業員として勤めたり、自治体で公務員として働くのと比べ、起業して収入を得るということは、事業が軌道に乗るまでは本当に大変なものです。そのため、色々な準備が必要になってきます。そして、やはり一番大事な準備は起業するまでに十分すぎるほどの資金を形成しておくことが重要です。具体的に言いますと、事業資金がどれくらい必要になるかは業界によりますが、生活費の重要さを決してナメることなく、生活費だけでも1000万円はお金を貯めておくのが理想的です。

従業員として働きながら伸びそうな分野を見極める

ビジネス資金と軌道に乗るまでの生活資金が十分が貯まった時点で既に絶対に成功しそうな分野が見つかっている場合は独立してもいいかもしれません。ただし起業に対する憧れから、とりあえず会社を辞めてそこから何かいいビジネスを考えようとするのは危険です。そのため、潤沢なお金が貯まった時点でも、いいビジネスが見つからない場合は、働きながら今後伸びそうな分野を探し、完璧だと思うビジネスプランを練り上げ、その後に独立するほうがおすすめです。

個人事業主開業届を提出

自分が起業に向いていると自己判断し、起業する決意を固めた場合は税務署に個人事業主開業届を提出し、ビジネスを開始する形になります。そして、翌年以降、会社員・公務員時代とは違い、確定申告をして自分で税金を支払う作業が必要になります。

確定申告の準備も重要です

翌年以降の確定申告にて簡単な白色申告を選択したい場合は、申告の工程自体は簡単になります。しかし、「控除」という聞きなれない言葉を始め、収入と所得の違いなど色々と覚える必要がある専門用語がありますので、確定申告のノウハウ本を買っておき、用語を覚える作業と申告の手順を覚えておくという作業も大事です。

フランチャイズはチェーン店のオーナーになる制度で、直営店よりもある程度自由が利くので利点があります。

起業したい場合に必要になってくる様々な下準備に関して

You May Also Like