忘れがちな冷蔵庫の中身

引っ越しをする際、荷造りやライフラインの手続きなど忙しい最中、意外と忘れがちで面倒なのが冷蔵庫。引っ越し日の直前になって「冷蔵庫の中身はどうすればいいの?」と途方に暮れることも。今回は引越し当日までにやっておくべき冷蔵庫の片付け方法をご紹介します。

残った食材と冷蔵庫の対処方法

引っ越しで大量の食材を運ぶのは避けたいので、冷蔵庫の中身を減らせるよう、1週間ぐらい前から献立を考えましょう。食材を買い足す場合は少量パックのものを利用すると使い切りやすいです。

最終的に残った食材は、クーラーボックスや発泡スチロール箱に保冷剤と一緒にいれて運びましょう。開栓してある液体調味料などは、キャップを開けて口のところにラップをかぶせてキャップを閉め、そのまわりをキッチンペーパーや新聞紙を巻いて輪ゴムでとめておけば、液漏れのリスクを減らせます。

そして大事なのが水抜きです。冷蔵庫にはいくつか水がたまっている箇所があり、その水を抜いておかないと、冷蔵庫を運ぶ時に水が出て大変なことになります。水抜き作業は引っ越しの前日にやります。まず製氷機と製氷皿の水・氷は全部捨てます。次に冷蔵庫の電源を切り、扉を開けっ放しにして、庫内についている霜を一晩かけて解凍します。最近の冷蔵庫は霜取り機能がついているものもあります。霜が溶けたあとの水が庫内や床にたまることがあるので、タオルや雑巾を敷いておくと安心です。そして引っ越し当日に蒸発皿の水を捨てます。蒸発皿の取り出し方は冷蔵庫によって違うので、取扱説明書を見てあらかじめ確認しておいてください。冷蔵庫が空になったタイミングで庫内の掃除をしておけば、スッキリした気分で新居での生活が始められます。

大きい家電や家具が壊れて買い替える時に、不用品の処分に困ることがあります。そんなときは、重たい大きい家電や家具を処分してくれる不用品の回収業者に依頼するのが便利です。

どうすればいいの!?引越し時の冷蔵庫対策!

You May Also Like