特に事前に申請しなくても行える

個人事業主として仕事をしているなら、所得がある時には確定申告が必要になります。申告の方法には青色申告と白色申告があり、青色申告はいろいろなメリットがあるとされています。ただし青色申告で確定申告をするときは事前に申請をしておく必要があります。それをしていない人がいきなり行おうとしてもできません。では白色申告はどうかです。こちらは特に事前に申請などは必要ありません。個人事業を行う旨の申請は必要になりますが、申告方法を申請したり、いつまでに申請しないと提出できないなどはありません。初年度などはまだ軌道に乗らずあまり所得がない人もいます。その時は白色申告でも特に問題はありません。誰でも簡単に行える申告方法です。

単式簿記での記帳で申告ができる

商業高校や大学の商学部などでは簿記の授業があります。この時の簿記は複式と呼ばれる正式な簿記になります。一般的な企業の経理部でも複式簿記で基調がされます。借方と貸方に科目を入れ、それぞれの金額なども入れていきます。それとは別の簿記として単式簿記があります。借方や貸方などはなく、支出と収入だけを記入します。どんな時に使うかですが、個人事業者が白色申告をするときに使えます。事業所得の計算では、収入と支出の差が収入になり税金の元になります。どんな収入があったのか、支出があったのかを示してそれを集計するだけで申告ができます。あくまでも収入と支出の集計になるので、資産状況などはわかりません。現金以外の取引があると、管理が難しくなります。

法律の変更により、白色申告にも帳簿付けが必要になったため、白色と青色の難易度の差が小さくなってきています。そのため、慣れてきたら節税のために青色申告に移行するのもおすすめです。

検索エンジンで見つけてもらおう!

折角サイトを作っても誰からのアクセスもないなんてことありますよね。これは検索エンジンで上位にヒットしないからです。URLを入力してのアクセスやサイトを紹介していない限り、多くの訪問者は検索エンジンを利用してサイトへアクセスしています。ならば検索エンジンで上位にヒットするようにホームページを改善する必要があります。これをSEO対策と呼び大手の企業や個人サイトでも行っています。かといって自分でやるのも大変だし何をどうすればよいか分からない方も多いと思います。そこで利用したいのがSEO対策の専門業者です。検索エンジンの特性を熟知しており、適切な対策を講じてくれます。費用はかかりますが、効率的にSEO対策が出来ますよ。

SEO対策って具体的にどんなことをするの?

検索エンジンの上位にヒットしやすくするためにはSEO対策は必須ですが、どんなことをするのでしょうか。例えば被リンク数を増やすことです。被リンク数が多いほどそのサイトは有益な情報があると判断され上位にヒットしやすくなります。ただし、数だけ多ければ良いということでもなく有益な情報があるサイトとの被リンク数をしっかりと稼ぐ必要があります。他にはページタイトルを適切に付けることです。検索エンジンの利用者が入力したワードとサイトが一致しているかを参考にしている部分でもありますので適切に入力が必要です。これらはほんの一例で、検索エンジンごとに特性が異なったりその時によっては違うアプローチが必要になるなど不確定な部分もあるので気を付けたいところです。

ホームページ作成とSEOはセットです。どんなに使いやすいCMSであっても、SEOに弱いCMSであったらアクセス数が伸びない恐れがあるので、やや難易度が上でもSEOに強いCMSを選ぶのが重要です。