電子工作豆知識!?プリント基板はこうやって製作

アートワークを作成しましょう

電気製品の自作ではプリント基板を作る必要があります。プリント基板は電子部品を固定するための板で、電流が流れる銅箔面を持ちます。プリント基板は電子部品を販売しているお店で購入が出来ますので、電子部品を購入する時に忘れずに買いましょう。また、プリント基板には幾つかの種類がありますが、感光式基板が便利です。銅箔面の電流の流れ道はアートワークと呼ぶもので、透明の用紙にアートワークを描きますが、CADソフトを利用すると移動などが楽に出来るので便利です。最初に、大きめの電子部品を配置した後、回路図を見ながら端子間を接続する形で作ります。アートワークが完成した後は、感光式基板の上に乗せて、露光及び現像、エッチング処理の順に行います。エッチングは余計な銅箔を溶かす作業で、エッチングが完了するとアートワークが基板の上に出来上がります。

アートワーク完成後は穴開けと部品実装

アートワークが完成したら、銅箔面にフラックスを塗布します。フラックスは錆止めにもなるので必ず塗布する事をお勧めします。部品を挿入するための穴をミニドリルで開けて、電子部品の実装工程に入ります。電子部品を実装する時には極性に注意しなければなりません。特に電解コンデンサやダイオード、トランジスタなどは極性があるので注意が必要です。すべての電子部品を半田付けし終えた後は、正しく電子部品が実装してあるのか、イモ半田はないのかなどをチェックして通電します。ちなみに、電子部品を実装してすぐに通電を行うと、ショートなどのトラブルが起こる事もあるので、通電前のチェックは必須です。

プリント基板設計によって、電子機器内で構築される回路の配線設計が決まります。一般的な構成は、部品間に銅箔で配線が張り付けられています。

炎上した人の個人情報はどのようにして暴かれてしまうの?

アカウントを使い回していると昔の発言が掘り出される

インターネット上で個人が炎上することが後を絶ちません。炎上するのは有名人だけとは限らず、一般人も含まれますが、SNSで本名や住所を一切公開していない人であっても、炎上するとあらゆるプライバシー情報が暴かれてしまうことがよくあります。では、なぜ、一般人の個人情報が簡単にばれてしまうのでしょうか。

考えられることとして、ネット上に痕跡が残っていることが挙げられます。たとえば、SNSのアカウントはユーザーが自分で決められることが多いですが、そのアカウントがこれまで利用してきたネットサービスのアカウントの使い回しだった場合、アカウント名を検索するだけで、過去、どういったサービスに登録していてどんな発言をしていたのかわかってしまいます。その中で名字や下の名前、居住地を述べていた場合、最終的にフルネームと住所を突き止められる可能性があるのです。

特徴的な名前を持っているとフルネームがばれやすい

名字や下の名前、居住地といった断片的な情報で完全な個人情報を突き止められてしまう要因の一つとして挙げられるのが、ネット上にある公式記録です。たとえば、学生時代にスポーツの公式大会に参加していると、競技団体がその記録をサイトに掲載することで、本名、在籍していた学校名がネットで閲覧できることがあります。

炎上した人間がネットに書いていた自分の名字や下の名前が特徴的だった場合、その名前と居住地をキーワードにして検索し、同じ名前で同じ都道府県に住む人が大会に参加していた記録があれば、そこからフルネームと出身学校がわかってしまうというわけです。

学校がわかれば、元クラスメイトなどから住所が提供される可能性が高くなります。こうしてすべての個人情報がばれるのです。

社内でやり取りされている文書には、社外には秘密にしなければならない情報が記載されています。それらを機密文書として管理します。その結果、企業は不利益を被らないようになります。

パソコンを自作する場合に心がけておきたいこと

CPUの装着はできるだけ丁寧に行おう

パソコンを自作するにあたって心がけたいこととしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、CPUの装着はできるだけ丁寧に行うようにしましょう。というのは、CPUはパソコンを構成するパーツの中ではかなり高価であり、それでいて大雑把な装着をすると壊れてしまう可能性が高いからです。たとえば、CPUの底にはたくさんのピンが存在しますが、マザーボードのCPUソケットにきちんとはめずに固定しようとすると、ピンが折れ曲がったり、あるいは取れてしまったりして、動作不良になります。

また、CPUとCPUクーラーをきちんと装着しないと、CPUの温度が下がらずにパソコンが熱暴走を起こしたり、CPU自体の寿命が短くなってしまうことがあるのです。

体内に帯電している静電気を逃がしておこう

パーツとマザーボードをつなぐコードをきちんとはめるのも大事です。パソコンのパーツはほとんどがマザーボードとつながることになりますが、すべてコードで接続されます。コードをきちんと差し込まないと、ちょっとした振動で外れてしまい、動作不良を起こすことがあるので注意しましょう。

体内に帯電している静電気を逃がした上で組み立てることも徹底しなければなりません。冬場、セーターなど静電気を起こしやすい服を着たまま、パーツの端子に直接触るのは避けましょう。静電気が原因でパーツが壊れる可能性はゼロではありません。

組み立てに必要なものを調べて、あらかじめ揃えておくのも重要です。CPUとCPUファンの間に塗るグリスは、パソコンの自作キットを買ってもついてくるとは限りません。

プリント基板実装」と言うと、電子部品の付いていない、配線だけのプリント基板に電子部品をハンダ付けする操作のことを指します。

事業をするなら!フランチャイズで自分のお店を持とう!

フランチャイズの利点とは

これから商売を始めたいけど、どうすればいいか分からないのならフランチャイズが便利です。フランチャイズはその企業が展開している店をマニュアルや制服、販売方法、物流などをそのまま利用できるので、一から販売方法を自身で確立する必要が無いのです。よって、店舗の運営に専念することが出来るのです。また、ブランドをそのまま使えるので無名の店として一から開始しなくても良く、今までそのブランドに親しんでいた客を囲い込む事も出来ます。オーナーと企業で契約を結ぶことで運営を開始できるので、簡単に始められるのでこれからお店を自分で持ちたい、空き地を活用して商売を始めてみたいという方にはフランチャイズは便利な手段と言えるでしょう。

どんな種類があるの?

フランチャイズと聞くとイマイチピンとこない方もいるはずです。フランチャイズは簡単に言うと企業が展開しているブランド名を利用して自身の店舗として運営することが出来る制度です。これを利用して展開している店舗は実は相当数あります。では、どんな業種がフランチャイズ展開をしているのでしょう。例えば、コンビニです。代表的なフランチャイズで、全国各地に展開されています。レストランもフランチャイズで展開されており、全国に店舗を構えています。他にも、整骨院までフランチャイズとして展開されているケースもあります。飲食店やサービス業などが主ではありますが、国内だけでなく海外でも広く展開されているので海外から来た人でも馴染みのある店舗として認識されることでしょう。

代理店とは、定めた会社と契約を結び、商品の販売の代理をする店舗のことです。取引を代わりに行うメーカーあるいは企業もそうです。

カット以外のサービスは?空き具合を調べて利用しよう!!

やってくれるサービスとしてくれないサービス

髪の毛はどんどん伸びます。あまり伸びすぎると手入れが大変になります。また伸び方が毛によって違うので、揃える必要もあるでしょう。その時に利用するのが理容室や美容室です。厳密にいえば異なるサービスになりますが、どちらでもカットサービスが受けられます。理容室の中でも最近人気があるのが1000円カットのお店です。その名の通り1000円で利用でき、通常よりもかなり安くカットしてもらえます。ただ安いので通常の理容室では受けられるのにこちらで受けられないサービスもあります。基本的にはカットのみで、顔そりなどは受けられません。お店によって異なりますが、シャンプーもありません。吸い取る機械などを利用して切り残しなどを吸い取ってもらいます。

チェーン店ならネットで空き具合をチェック

髪の毛が伸びた時に利用するのが理容室です。近所の理容室を利用する人もいるでしょうが、節約したいなら1000カットの理容室を利用してもいいかもしれません。1000円でカットしてくれるお店で、サービスはカットのみになっているのが特徴です。チェーン展開しているお店もあれば、個人で1000円カットを運営しているお店もあるようです。全国展開しているお店であれば、インターネット上でお店の情報が見られるようになっています。こちらには、それぞれの店の空き具合がチェックできるようになっています。あまり待ちたくないならネットでチェックして空いているときに行くと良いでしょう。ある店が混んでいるなら、空いている別の店を選ぶなどもできます。

1000円カットの独立を考えるなら、集客方法を事前によく考えておきましょう。一人あたりの単価が1000円と決まっているので、いかに多くのお客様を集められるかが成功への鍵になります。

社員の役職や事業内容に合った社員研修を実施しよう

社員研修は、研修を受ける社員の能力や立場に合った内容を選ぶことが大切です。適切な内容ではないと、いたずらに時間を無駄にするだけではなく、研修を受けた社員のヤル気を失ってしまう可能性もあります。新卒や若手の社員に対しては、基礎的なビジネススキルなどを中心とした内容、中堅以上の社員には管理職として必要となる内容にするなど、適切な研修内容にしなくてはなりません。そして、会社の事業特性に応じた研修も、実施する必要があります。海外との取引を行う会社であれば、国際的な視野を養う研修も実施しなくてはなりませんし、製品開発をする会社の場合は専門的な技術が身に付く研修を行うことが大切です。現在の事業内容だけではなく、今後の事業戦略や方針なども考慮して、効果的な研修を行うことが重要となります。

効果的な社員研修を実施するためには

社内の役職者や実績のある社員を講師役にして、社員研修が行われることも少なくありませんが、研修内容を工夫しないと十分な成果を出すことはできません。ただ過去の実績や一般論だけを述べるだけではなく、短期間で高度なスキルが身に付くような研修をする必要があります。もしも、社内だけで効果的な研修プログラムが作成できない場合は、外部の研修を専門とする会社に、相談すると良いでしょう。社員研修を専門に行う会社であれば、豊富な経験に基づいた効果的な研修が期待できます。研修を実施してくれる以外にも、研修内容についても相談にも応じてくれますから、より効果的な研修を行いたい時などは研修を専門とする会社に連絡してみると良いでしょう。

マネジメントゲームは、経営者の教育研修に用いられる、経営シミュレーションゲームです。ゲームの中ではプレイヤーがそれぞれ社長になって、会社を経営し、経営の理論を学びます。

営業代行サービスはこんな人にオススメ

企業では商品やサービスを販売しますが、作った商品を営業する人がいないと、なかなか商品が思うように売れない事も多いです。ですので、企業にとっては営業マンは非常に重要な存在となります。
ただ、腕の良い営業マンになる為には、様々なノウハウやテクニック、才能や努力が必要で、直ぐに腕の良い営業マンが見つからないで困る事も多いです。
そこで、非常に役立つアウトソーシングサービスが、営業代行サービスです。営業代行サービスでは、営業のスキルやテクニックにたけたプロが代行してくれますので、営業マンを一から育てる必要が無く、プロの営業マンの力を借りることが出来ます。
営業の人数が足りていない企業、優秀な営業マンがいない企業はそんなサービスを使うのがおススメです。

営業代行ツールは安く、使い勝手も良い!

優秀な営業マンは、どこの企業も欲しがり、雇うにしてもそれなりにお給料を出さないと、直ぐに離れてしまう事もあります。しかし、営業代行で来てくれる営業マンに支払うお給料は、自社で雇うよりも安い金額で利用することが出来たり、一定の期間だけ営業マンの力を借りると言った使い方も出来ます。
価格も安く、非常にサービスの使い勝手も良いのが営業代行サービスの強みです。
アポ数がなかなか伸びずに困っている企業も、営業代行サービスを使ったら、アポ数が増えたというケースも沢山あります。営業マンを雇う前に、まずはアウトソーシングで、営業代行サービスが使えないか検討してみると良いでしょう。

営業代行とは、本来自分で行う仕事を他の誰か(第三者)にお願いして自分の代わりに営業をしてくれることを言います。